「歩んできた道」

IMG_1737 (2)_R
なぜなんだろう?

記者時代、作品を次から次へと読んで
こんな文章を書きたいと文体まで真似した作家さんの本なのに。

数年ぶりに古本屋さんで買ってきて読んだら・・・。
受け付けないんですよね。
あのころは一気に読めたハードボイルドなのにページが進みません。
途中で諦めて今は別の作家さんの時代小説を読んでます。

どうして、拒絶反応が出るようになったのかな?

もしかすると、この10年のいろいろな経験が影響しているのかもしれません。
新聞社で働いた25年よりも辞めてからのほうが濃密な時間だったから。
人の不幸を見、また経験し
人生落ちるところまで落ちたという「味」も体験したもの。
すると、人を突き放したようなタッチの小説は読むのが辛くなるのかな、と思います。

「大阪 Cat Story」も更新しました。

ブログランキングに参加しています。
できましたら、下の野良猫マークをクリックして応援してください。
にほんブログ村 猫ブログ 野良猫へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

kiryucat

Author:kiryucat
桐生明  東京スポーツ新聞社において編集畑を25年間歩む。体重を落とすために始めた、カメラ片手のウォーキング(体重17㌔減)で猫の魅力にハマる。今年のカレンダー2種類に写真が採用された。原稿依頼など私にコンタクトを取りたい方はメールで osakacat☆nyanko.zaq.jp (☆を@にしてください)にご連絡ください。

当ブログ内の写真、文章の無断転載、使用を禁止します。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR